Lion OSと64bitソフトウェア


自宅作業場へのMac Pro投入を機にOSをVer.10.7.2(Lion)にアップデートしてみた。しかし”ライオン”ってあなた、、、”百獣の王”なんていうのは名ばかりで、ライオンのホントの生態って、超自分勝手で威張ってばっか、メスに狩りをさせるだけならまだしも、間違えて時たま狩りの邪魔なんかしちゃったりして(ナショジオか何かで観たわけだが)、、、人間で言うところの”超ダメ男”なの知ってました?

ってどうでもいい事はこれくらいにして、実際いろんな点で痒いところに手が届いているというか、よりコンシューマ向けのサービス向上に徹したOSであることは初日からバシバシ感じさせてくれました。でもまぁ音楽制作ツールとして考えると、Snow Leopard(前バージョン10.6.8)から便利になったと感じさせるアップデートはほとんど無し。64ビットOSとしてさらなる成熟を高めたように言われているが、実際周辺のソフトウェアやプラグインの64ビット化が遅れ気味なのも手伝って、期待値よりは低い評価をせざるを得ない状況。Snowがあれだけ完成されたOSと評されていただけに、お楽しみに抜きで純粋に”完成度”という点でみるとSnow Leopardの方が圧倒的かと。。。したがってまだSnowの方はそのままステイをお勧めします(-_-)/ とか言いながら、僕自身はもうアップデートしちゃったのでLionとうまく付き合っていこうかなって思うところ。乗り換えのタイミングって早くても遅くても結局は同じなんだけど、使っていくうちになんでも慣れますからね。あとたまにレビューを書かされたりすると、ステイしている方がツライ状況って結構あるもんで。。。ってこれは嬉しい悲鳴ですが(苦笑)

せっかく64bitマシンになったし、CUBASEを64bit起動モードに

$SUIオフィシャルブログ「ROAD TO G.O.D MUZIK」Powered by Ameba

LionでのCUBASE 64bit起動にはいくつか条件があって、もろにその条件をくらってしまい何回も「Cubase 6(反応無し)」モードに(=_=;) これはLion OSがPower PC時代のプログラムを起動する連結プログラム”ロゼッタ”を持っていない事が原因で、つまりは32bit仕様のサードパーティー製プラグインが動かなくなるという状態に陥るみたい。公式にはRewireに非対応なだけですとされているものの、ひとつひとつプラグインを除外しながら再起動をしていった結果、結構な数のVSTプラグインを葬る事に。。。

>>64bit起動に関するページ(Steinberg Japan)<<

これまでに比べたら、えらいシンプルなプラグイン構成(苦笑)になってやっと立ち上り、そこまで頻繁に使わないものばかりが除外されたので、ここまでは我慢しました。。。。が、プリプロダクション用にジャンルごとに組んでいた独自のテンプレート上に32bit版で立ち上げていたソフトシンセ(64bitには対応している)が全然立ち上がらなくなって、そこはサスガに面倒、、、というかそんな時間の余裕は無いということで、あえなく64bit起動を断念。ここからは憶測だが32bitで作成したセッションのプラグインは、自動で64bitにならない?そんな不安を覚えました。まぁそんな不具合はSteinbergさんからすれば近日のうちに解決される問題なのでしょうけど。。。。

加えてWinだけでしか64bitに対応していないソフトシンセなんかもあったりして、実はそれを制作で頻繁に使ってたりして、、、結局64bit起動は「待ち」ということで落ち着いた。それでもCUBASEは本当に優秀なソフトウェアで、32bit起動でも素晴らしい働きをしてくれる。それだけは確実に言える事なんですけどね。

んで、PROTOOLS 10はというと、こちらはもともと32bitプログラムなんだけれども、”Lion”だからなのか”10″だからなのか不明だが、いくつかのプラグインでつまずいて立ち上がり途中で強制シャットダウンという症状に。。。

リリース時のバグフィックスなどが行われたVer.10.0.1が先週リリースになったから、それかと思いアップデートするも症状は同じ。。。。焦る前にシャットダウンの詳細ログを見ると、、、

$SUIオフィシャルブログ「ROAD TO G.O.D MUZIK」Powered by Ameba

直近のログに「”Oxford Limiter”でクラッシュ→さようなら」となんとなく書いてあるようなないような。。。。試しにプラグインフォルダ(HDD>ライブラリ>Application Support>Digidesign>Plug ins)からSonnox Oxford系のプラグインを全部除外してみるとコレが正解。無事に立ち上がるようになった。このシャットダウンログは誰しもが一番怒りを覚える瞬間にMac上に写っている画面だろうから、おおいに見逃しがちだが、焦らず読んでみるとなんとなく解決したりするもんです。

こられの問題(というかもう弊害?)はやっぱりコンピューティング業界が32bitから64bitに移り変わる過渡期だから特に頻発しているトラブルだと思うのだけど、こういう風に少しずつ解決の糸口を見つけたりしていくうちに、うまく付き合えるようになるような気がしてます(-_-)/

-蛇足だが-

そう考えるとやっぱり64bitでいちから書き直したというPresonus Studio One 2はやっぱりスゴい。反応速度も早いし、プラグインが32ビットだろうが64ビットだろうがおかまい無しに立ち上がってくる(つまりそれを見据えてプログラムされている)ところを見ると、今後を期待しないわけにはいきませんね。またAbleton Liveの開発チームが新たに取り組んだと言われるBitwigも、先進のインターフェイスのさらなる進化系としてかなり楽しみなリリースと言えると思う。

Mac Proで行こう


 こんな感じでさんざんつぶやいておきながらなんだけど、、

 自宅作業用にニューMac Pro購入(-_-)/

 これだけ次期Mac Proの情報と期待値が高まっている中、いま買うべきでない事は百も承知だけど、ここから先2ヶ月でやる事、やりたい事、そしてこれを使って創るものの価値を考えたら、今買い替えて、たとえ2ヶ月後に泣く事になっても本望かなってね。また、新製品がすぐに現場に投入できるケースは少なく、ソフトウェア側の対応に少々待たされる事を加味したら、あと半年はかかると。加えて買い替え時にいつも気にするスペックにしても、今本当に注目(または注意)すべきは32bitか64bit(だいぶ大枠ですが)かってことで、コア数やOSのバージョンではないというか、、、、そんなこんなで2、3日考え込んだものの、思い切って購入~(-_-)/

現行のMac ProにはLion OS(Ver.10.7.2)の起動ディスクがHDDとは別の記録領域に内蔵されているらしく、インストールディスクは必要なくなったみたい。もちろんSnow Leopard(Ver.10.6.8)でも動かせるんだけど、せっかくだからLionに乗り換えてみた。

実はこのタイミングでWindows OSに乗り換えようともしていたことは以前にも書いた通りだけど、自作PCやあらゆるソフトウェアの対応状況、メーカーの開発姿勢、ユーザーのコミュニティーなど自分で調べられるだけ調べた結果、マシンは現状「Mac Pro Xeon機」なのかなって結論に辿り着いた次第。もちろんこれは対価格性能と本当に必要と思われるスペックを十分に検討した結果。これが予算無制限ならマシンのスペックだけ高次元のものもあるにはあるが、いかんせん現状で必要(また使う場面があるか)かと言われたら、応えはNOということで(-_-)/

それでもWin OSに対し、何故か並々ならぬ期待を持ってしまっていて、メモリーと同時購入のDSP版でWindows 7 Professional 64bit版を注文。Bootcamp起動で使っていこうと目論んでいるところ。

Lion/Wondows 7の使用感やメモリなどに関してはまた次回にでも(-_-)/

ひとまず、旧MAC PRO(DUAL 2.66GHz x2 オリジナル)さん、マジでお疲れさまでしたm(_ _)m
↓ ↓ ↓

(見た目は全く同じ)

といってもこの(スペック的には)化石級のマック、実にサクサク動くいわゆる”当たり機”なので、サブ機として大切に使い続ける、、、もしくは若者に法外な値段で売りつける(というのは冗談)でしょうな。音楽を作る上で、マシンはスペックうんぬんではなく、ソフトウェア的にきちんと整備されているかってことが大切なのだと、このマシンで学びました。