年いちブロガー(笑) 11/15 頭いい系プラグイン2017

今回は近年人気、実力、注目度ともに高かったMVP的プラグインです。

iZotope NEUTRON2

ご存知、Track Assistant機能といってプラグインが自動で、しかもちゃんと使い物になるレベル(←ここ重要)で音作りしてくれるプラグインです。

OZONEとの棲み分けがよくわからない方もいると思いますが、Neutronは各チャンネルの音作り用といえば分かりやすいかな。でも個人的には動作重めで単音ごとに挿したくはならないので、ドラム全体とか、シンセ達、みたいな感じでまとめたグループ・バスで使い慣れちゃいました。

上のトラックアシスタントボタンを押して、再生した音をプラグインが自動解析して音づくりしてくれるっていうのが基本的な流れです。主にダイナミックEQ、二段がけのコンプ、エキサイターがかかってることが多い。

バージョン2になっての使用感、、、

参照元のデータが増えたことで精度が上がったのか(もしくは私の使い方が上達したか…)、より高い水準で”マトモな聞きやすい音”になります。「音像全体の中でその音はこうあるべき」みたいなものを提示してくれる。その”使える度”が上がったな、という印象なのでバージョン2を強くお勧めしたいところ。

囲みのところが各セクションのON/OFFスイッチだったり、あとはどれくらいドライと混ぜるか調節するMIXフェーダーも要所に配置されてます。

トラックアシスタントをかけて音が出来上がったらそのまま使っても良いし、EQからコンプ、エキサイターまで全て入ってるプラグインなので、セクションごとにON/OFFして確認しながら作業を進めると、どこで何をどういう風にかけるのか分かります。自然と自分も成長できる成長支援型プラグインでもあります。

iZotopeの主力製品だけに価格もまぁまぁ高い。グレード・ラインナップがあって、AdvancedとStandardで迷う人も多いんじゃないかと思います。主にEQとかエキサイターとかの単品がプラグインとして使えるかで違うんですが、個人的にはStandardで良いと思ってます。実際の使い方の中では「まずトラックアシスタントしてからそれ以降細かくいじる」みたいな流れで固まってるので、わざわざ単品プラグインを立ち上げたいと思わなかった2017。アドバンスド・グレードは高価ですし、よほど必要になったらあとでアップグレードすればいいかなと。

“よほど”の境目…

トラックアシスタント機能以外でどんどん使っていきたいのが「EQのマスキング機能」です。複数のトラックに挿して、うち二つずつを選択し両方をEQできます。中低域などある周波数で音が固まりすぎると、その帯域が飽和して表現として鈍くなってしまいます。これを視覚的に短い時間で緩和できます。ミックス作業だと結構使える機能で、結果も思っていた以上に良いです。この機能は親のNeutronでも使えますのでStandardでもまったく問題ないですが、数を多く使いたい方は他の機能をOFFにする手間が省けるという点で単体EQを立ち上げられるAdvancedに分があると感じます。

*4分くらいからマスキングEQについて(早口英語)

iZotope OZONE 8

ざっくりと言えばOZONEはマスターチャンネルに挿す用途に向いています。Neutronと逆で、制作終盤の2ミックスの処理に向いているといえます。

OZONE7からアップするか迷ってる?

囲み上、バージョン8からの「Master Assistantボタン」。Neutron的な感じでマスターチャンネルで自動的に音づくりしてくれる機能を実装してます。こちらはマスタリング・エンジニアとしては使いませんけど、デモ制作などのマスターチャンネルではかなりの時短になるかと。

右下のボタンも凄いの付いてます。”Codec”はMP3とか配信用のAACなど圧縮音源になったときにどう聞こえるかリアルタイムでプレビューしてくれるボタンです。”Reference”はリファレンス音源を読み込んで、自分の2ミックスを寄せて音作りしてくれる機能です。既発音源に寄せたい場合は嬉しい機能です。

またスタンドアローンでマスタリングツールとしても使用できます。OZONEにオーディオファイルを読み込んで、マスタリングが終わったら書き出す流れです。試しましたが普通に使えます。曲間とか、作品全体のDDPとかいらない配信用マスターなど、単曲マスタリングなどはこれでも全然OKかと。

他にも便利で正確、クオリティも高い機能が満載ですが、それ書いてたら単ポス立ちますから物足りないくらいで止めときます。

OZONEにもAdvancedとStandardがあります。こっちはぶっちゃけ頑張れる人はAdvancedをお勧め。高いです。でもその分はきっと回収できる。

 

まとめ…

できることが多岐にわたる分、使いこなすにはそれなりの使い込みと、機能に対する正しい知識が必要になりますが、後者は使いながらプラグイン内で体感として勉強していけるのでご安心を。難解で敷居が高いように見えるかもしれませんが、初心者にこそ強くお勧めしたい。制作の初期段階でコンプが…とかEQが…と変にいろいろ手を出して悩んだり時間と体力をとられるより、これらをしっかり使いこなせれば音作りの面で(初期のAIプログラムを使いこなす未来人としても)かなりのアドバンテージが得られると思います。

このヒト型プラグイン達と私が最近見つけた遊びは、自分で音作りが終わったところ(つまりその後段)にご登場いただいて、自分の音作りと聞き比べて勝負するというものです。私がいろんなプラグインを駆使して作り上げた音を、ちょっと音を聞いたくらいでいとも簡単に作りこみます。出来上がった音とどっちがカッコいいかなと比べるわけです。当然良い結果の方を採用するので、ひとりミックスコンペみたいなことができます。

面白いことにちゃんとミックス出来てるものは、AIからの変更も微々たるもの。逆に手入れが足りてないところはがっつり突っ込まれるわけです。ディープラーニングを使用したくらいでAIと呼びたくないですが、これが単なる機械的プログラムではないことがちょっと体感できます。

ではまた次回!

アーシーユーフェンユーゲッゼー(知らないかw)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。