年いちブロガー(笑) 6/15 制作系プラグイン2017

はい休憩終わり!

ここから制作系でよく使ったプラグイン2017です。

制作系はあれです。バージョンが9になってから特に、曲作りはほとんどCubaseでやっちゃってるのでそれ中心になるかと(/・ω・)/

まずはDAWに内蔵されてるチャンネルストリップです。

Cubaseの場合はトラックを立ち上げると同時に、ゲート、コンプ、ディエッサー、サチュレーター、リミッターそしてEQがトラック内に実装されます。これらのスイッチをオンにするだけなのでかなり便利です。2017年はEQとコンプを主に使ってました。逆にそれ以外は使わなかった。ダメってことじゃなくて、新しい機能がどんどん増えるのはいいんですけど、自分のプロダクションにフィットするかを見極めるのにはちょっと時間がかかるので。

チャンネル・ストリップ内のコンプの種類も選べる(Standard, Vintageなど)んですが、ここでやりたいのはトリートメントなので’Standard Comp’一択です。EQで重宝したのは丸で囲んだローカット、ハイカットのフィルターと、それによって下がるゲインの補正にPreGainです。エンジニアもやってると”プリ”って言われるとどうしてもプリアンプのイメージが強くて、「音変わる」って思っちゃうんですが、そんなことは全くありません(笑)。ここのプリはEQの前段という意味ですのでそもそも意味が違う。…でも私はそれに気付くのに結構時間がかかって、視界には入っていたのだけど使いだしたのは最近ですw

他のDAWでもトラックプリセットとか使えばこの状態を再現できるけど、制作用のDAWであればやっぱりチャンネルストリップが当然のように用意されているのってかなりデカいです。「基本的なプラグイン立ち上げ→トリートメント微調整」という流れ、制作中は何回も何回も繰り返す作業なのでかなりの時短になります、えぇ。またトラック立ち上げ時点ではすべての機能が完全にOFFなので、これによりDAW全体の挙動が重くなるといったこともありません(‘ω’)/

このほかCubaseに最初からあるよ系だと、、、

Tremolo

個人的に揺らす系が好きというのもありますが、よく使っているプラグインです。好き、と言ってもガッツリかけるというよりは塩コショウ程度に。そのかわり自分のプロダクションでの使用数はかなり多いと。

これだけシンプルだと使い方も何もないですが、囲みのSpatialで左右への広がりを調整できます。0値にするとモノラルトレモロで左右ではなく奥行き方向に揺れてく感じ。初期値が75で結構広がってるので挿したとたんにいい感じに聞こえるわけですが、調整でより深く使えます。オートメーションでRateを変えて変態的に揺らしたり(そもそも聞こえないくらい薄くかけてるのに 笑)。

トレモロ効果だと他に

Soundtoys Tremolator

なんかがあります。こちらだともっといろんなバリエーションを生めます。が、私の場合は1曲で何個も使ううえ、1個1個の”かかり”は薄くて良いので上のキュベ純正トレモロしか使わない状態。一音にバーンとかけるにはこっちの方がいいんでしょうけど、時間的な制約も考慮すると自由度と深さが自分には邪魔なときがあります。

 

話戻ってキューベース純正系で、

Mixer Delay

これはステレオチャンネルの片方にディレイをかけて、音源を左右に分かれて聞こえるようにできるプラグインです(たぶん正しい目的で使えていないと思いますが)。パッド音とか、たまにクラップとか、スネアとかによく使う。バッキング系のギターとかもいけるが、キュベの場合この効果が得られるのはステレオチャンネルで収録されたトラックに限るので、その点では音源を選びます。

人間の耳は20ms程度から音の遅れを知覚するといわれますが、10msでも十分スプリットします。私はいつも10msか12msで数値を打ち込むことが多い。左の赤丸で位相を反転もできるし、右でLevel調節もできる。シンプルに見えるけどかなり秀逸なプラグインだと思います。

同じくステレオ広げ系だと、

iZotope OZONE Imager

こちらも良く使ってます。Widthを上げていくと左右に広がっていきます。先のMixer Delayは実音疑似ステレオ(左右両方で音が鳴る)なのではっきりパキッと分かれますが、こちらは音の定位を知覚する周波数の位相をいじるタイプ(実音が鳴ってはいないが聞こえてるようにする)なのでやんわりと広がる感じです。

位相をいじるので音の輪郭も少しボケます(それが良いのです)。StereoizeをONにしてAmountを上げるとディレイによる疑似ステレオも併用できるので、輪郭がボケるのを多少は解消できます。ものによって使い足す感じです。

親プラグインにOZONE8 Imagerがあります。こちらは初期画面が、、、

↑なので、細かくやりたいときは重宝しますが、サクッと広げたいときは逆に面倒ではあります。個人的な使用頻度は前者が圧倒的に高いです(笑)

 

では今日はこのへんで!

アイルビーバック!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。