[互換]Antares Auto-Tune 8 on Protools 11

AT8

Antares Auto-Tune 8の互換情報です。

ここのところかかっていたミックス案件、けっこう歌ものが多くってめずらしく出番があったオートチューン(わたしはメロダイン派ですので)ですが、自宅のスタジオで仕込みをやっていざスタジオのProtools 11.3.1で立ち上げると途中で強制終了になる現象に遭遇。原因を考えたらWindows7上のProtools 11.3.1でミックスの仕込みを組んだので、スタジオにあるMacPro上のProtoolsでそのまま立ち上げるとコンフリクトすると、、、

[とった回避方法]

Mac Pro上のAuto-TuneプラグインをUnuseフォルダに移動して、いったんProtoolsにAuto-Tuneが”無いこと”にします。そのままセッションを立ち上げるとAuto-Tuneが非アクティブの状態で問題なく起動。セッション上の該当のプラグインを外し、いったんProtoolsをシャットダウン。Unuseフォルダに移動したAuto-Tuneをもとに戻してセッションを再起動。これで普通に立ち上がりました。仕込み作業で組んだAuto-Tuneのエディットデータが無くなる(挿しなおし)ので、苦しいところですが、立ち上がらないよりは良い(苦笑)またここでWin→Macの時にコンフリクトすると知っていれば、作業を移行する際プラグイン設定のバックアップをとるなり対処はできるかと思います。

 

Melodyne便利だーー!となって以降アップデートもしていなかったAuto-Tuneですが、やはりリアルタイム処理でのピッチ補正は秀逸でした。特に録りの段階でも補正しながら収録できたりするのは結局これだけなのかなと。ちなみにProtools 11からはRTASが使えませんのでVer.7もしくは8が使用可みたいです。うちも最近Evoから8にアップしました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。