マンスティ

いいタイミングがありまして、公開初日にMAN OF STEELを観てきましたw

Man-of-Steel_01

MAN OF STEELと言えば、ハリウッド劇伴の第一人者のひとりであるハンス・ジマーの最新作ということで、サウンド面での期待値MAX でございました。、、、というのも公開前から彼のプロダクションに関する小ネタがちょこちょこ出回っていて、特に分かりやすいところだと楽曲のパーカッション部隊にファレル・ウィリアムスがドラマーとして参加していたりとかするんですよね。

そういうこともあって、せっかくだからいい音で聴きたいと、、、

選んだ映画館は平和島シネマサンシャイン(某ディレクターご推薦)。

実は3Dサラウンドを実現するimm SOUNDで映画を観られるのは日本ではここだけらしく、それなら是非ということになりました。ちなみに映像を3Dで観るのはIMAXとかでこっちの方が圧倒的にポピュラーですよね。このimmは映像は2Dで音が3Dなんです。

>>imm Soundについて詳しくはコチラ<<

観てて思ったのは、まぁ期待を裏切らないデジタル・サラウンドの世界。話の内容もイケイケな感じなのでもうドッカンドッカン大変なことになってます(笑)

館内の音の作り込みなのか、レイトショーで人があまり入っていなかったからか、はたまたフルデジタルだからか、音の感じはかなり硬質な感じで、3Dも手伝って全方位にサウンドがぐわんぐわん飛び回ってる感じ・・・完全に未体験ゾーンでとても面白かったです。

ぶっちゃけ鉄板アメコミだし、ドラマでさんざんやってるネタでもあるのでストーリーには期待をしていませんでしたが、想像してたものと良い意味でぜんぜん違ったし、細部まで丁寧に描かれている感じがして見応えがありとても楽しめました。エンドロールのかなり偉い位置にJUNKIE XLの名前があって、(知らないだけだけど)御大が意外なところで意外な活躍をしてるのが面白かったりもしました(笑)

ただimm Soundだと音がスゴ過ぎて、多少映像が小さく見えるなと、、、、聞いた話だと、3D映像で3Dサラウンドが体験できる映画館ってまだ無いらしくそれだけが残念でした。IMAXが3Dサラウンド化するか、immが3D放映をするか、どっちか実現してほしいところです。

 

>>MAN OF STEEL<<

 

スタートレックもまだ観てないし(immでやってます)、ウルヴァリンもあるし(immでやるみたい)、ちょっとこのサウンドシステムで何本か観てみたいなぁと思っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。