年いちブロガー(笑) 5/15 サブスクリプション系サンプリング

プラグインのことばっかりでもつまらないので小休憩、ス

今回は「サンプリング」について。

レコードからのサンプリングとかそういう話じゃありません。一昨年、サブスクリプション形式のサンプル提供サイトが立ち上がりましたよね。基本構造としては月々、または年単位でお金を払って登録し、一定量、もしくは契約のグレードによって無制限でサンプルをダウンロードできるサービスです。

ひとつは

Splice

たしか年契約だと実質$8弱で毎月200サンプルくらいクレジットがもらえるものだったと思います。だいぶ前に契約してそのまま使っているのでうろ覚え(笑)。

内容的には流行ってるジャンルとか、ダンスミュージックとか特に得意な感じ。ランキングもしっかりしてるし、ユーザーが多いのがなんとなく分かります。

使ってるネタがバレるんだけど(恥)、これはPCにインストールして立ち上げる専用の管理アプリです。ここだとサンプルパックのアイコンなんかも表示されてるし、PC内部に実ファイルがあるものと、ストリーミングで確認して必要であればDLするサンプルを同列で管理できてとても便利です。しかもここからDAWに直接投げ込めます。

上の通り、著名プロデューサーが提供しているサンプルなんかもあったりします。

もうひとつは

Noiiz

こちらも似たようなサイトなんですけど、ひと月にDLできるサンプル数は無制限。サンプルの内容もSpliceとちょっと趣向が違うというか。分かりやすく言えばSpliceは数社のベンダーをまとめて扱うので、流行を狙い過ぎて下世話(ニーズを分かってるとも言える)になっちゃってるものもあるけど、こっちはインテリ系(笑)。各ジャンルに特化したものからアンビエントもの、グリッチ系など、繊細で意識高めのサンプルがそろってます。

私は当時Sample PhonicsというUKのサンプルベンダーが提供するパックがNoiizでしか手に入らなかったので契約してそのまま使っている感じです。このSample Phonicsというベンダー、サンプルパックが高価だったんですよね。サイトから直接購入だとパックを細かく視聴できないんですが、Noiizならそれも可能と。ひとつひとつ聞いて、欲しいものだけ取れるので無駄が少ない。

いまはNoiizもサンプル管理のアプリケーションが提供されていると思いますが、PC内にアプリが増えすぎても嫌なので私はインストールしてません。あとこちらは単音系というより、ループを丸ごと欲しい時が多いので、キュベのメディアブラウザで十分管理できる感じです。

両サービスの棲み分けは…

Noiiz、Splice共にシンセのプリセットなども提供されています。Splice上ではプラグインの人気ランキングとか、プロデューサー本人と提携してのリミックスコンテストなんかもあったり、ビートプロデューサー的にはSpliceの方が楽しいかもしれません。

実際に両方2年くらい(?)使ってみて、実際の取れ高ですが、ラップ系、歌もの系、J-POP関係はSpliceがおススメです。ループはどこかで聞いたことのあるようなフレーズが多いので参考程度ですが、ドラムからFX関係など単音系が充実してます。逆に劇伴系はNoiizがおススメ。こちらはループがメインで、サブ的に単音も使える感じです。サンプルの雰囲気とか、質感を聴くと分かると思います。

 

蛇足ですが…

続きを読む