ReFX Accounts…

スクリーンショット 2013-10-29 10.31.23

来たるReFX Nexus新バージョンアップデート(Ver.2.5.0。現在最新は2.4.2)に際し、エクスパンション系のライセンス方式が若干変更になるとか、、、

簡単に言ってしまえばウェブサイト上のアカウントにeLicenserのシリアルなどを登録、認証という方式になる模様。

個人的な問題としてはReFXサイト上でふたつ(会社用と自分用)のアカウントを作ってしまっているという、、、そして双方にNexus2本体とライセンスを分けて登録(諜報員かw)しているという、、、(=_=;)(=_=;)(=_=;)

 

サポートに問い合わせたところ、即アカウントを統合してくれました。

 

やはりアカウントはひとつに統合されていないと2.5.0からは使えなくなるらしいです。

サポートセンターにその旨伝えると快くアカウントを統合してくれるみたいです。

 

っていう、一応ご報告(-_-)/

 

>>ReFX Website<<

 

 

WAVELAB 8 不具合からの脱出

アップデータのパッケージが早めに届いたので勇んでインストールしたWAVELAB 8ですが、

DDPに出力できない、

オーディオCDにも書き出せない

という症状に見舞われました(x_x;)

スクリーンショット 2013-05-24 6.38.11

いろいろ試した結果、アップデータインストール後の初立ち上げで旧バージョン(Ver.7)の初期設定を読み込んでいたことが原因と判明。

コチラ(Steinbergサポート)の指示通り、初期設定を消去(というかバックアップ)し、あらためて立ち上げたWAVLAB 8は正常に動作してくれました。

 

アップデートの際は初期設定も作り直す

 

不具合というか、自分で引き起こした凡ミスなんですけどね(汗)

とりあえず脱出成功でした〜〜

(-_-)/(-_-)/(-_-)/

 

 

WAVELAB 7.2.1 x WAVES 9

WAVES Ver.9のプラグインが32ビットモードで起動したWAVELAB 7.2.1で使えなくなってる模様。画面にも”深刻な問題”と表示されるので一瞬焦ります。が、いったんWAVELABを終了して、64ビットモードで再起動すると普通に使えます(しかも64bitだからか、動作も気持ち軽快です 笑)。

ただし、マスタリング系のプラグインって64ビット・アルゴリズムに対応していない製品もまだ多くあるので、WAVELABを64ビット・モードで立ち上げるのはいささか障害も多くなるのが現状です。

>>WAVES 9<<

>>Steinberg WAVELAB 7<<

*Mac OSにおけるアプリケーションの64bitモード起動のやり方は、アプリケーションをControl+クリックで「情報をみる」と指定し、開くウィンドウの「32ビットモードで起動」のチェックを外します。アプリケーションを再起動すると64ビットモードで立ち上がります。