ableton PUSH on Steinberg Cubase

世間ではableton PUSH2が話題のようですが、PUSHの話です。

*以下、個人的にはナウいのですがネタ自体は結構古いと思います。日本語での紹介がなかったようなのでご興味ある方の参考になれば幸いですすす。

では本題。PUSH(またはPUSH2)に搭載されているスケールパッドモードがあらためてとても優秀だということで、Cubaseで使えないかな~と思って調べたら方法がありました。もともとPUSHはableton Liveでしか認識しないMIDIコントローラーですが、PXT-General(Windows、Mac OS対応)というアプリケーションを介することで他のDAWでもMIDIコントローラとして使用できるようです。

“PXT-General”

pxt

初期状態でスケールモード、ドラムモードが設定されているので、パッド自体はDAWで認識できればすぐに使えます。ツマミ、その他のボタンはOctave±、ピッチベンド、モジュレーションなどあらかじめ設定されているものもあれば、自分で自由にカスタマイズできるものもあり、逆に便利です。

DSC_0087

LCDスクリーンにもキーとモードなど必要な情報が表示されセレクトボタンで選択可能となっています。

キャプチャ

Windows OS(私は8.1です)の場合は上画像のような仮想MIDIポートを設定できるアプリケーションが必要です。PXTのサイトではLoopMIDI(ドネーションウェア)が推奨されていたのでこれをインストールしました。>>Loop MIDI

仮想なんちゃらと言われると面倒な感じがしますが、MIDI情報は

PUSH→PXT General→LoopMIDI→DAW

のような信号の流れになるので、LoopMIDI、PXT GeneralそれぞれのMIDIの入出力を上画像のように設定してしまえば、Cubaseの場合は自動で認識し、PUSHが使えるようになります。DSC_0089Ableton Live上でPUSHを使用した場合のスケールモードと同等の使用感はもちろん、モード選択でDrumを選べば16パッドx4の64パッドモードでドラムを叩けます。Cubase純正のGroove Agentなどもこれで叩けるので個人的にかなり便利になりました。

ここのところ色々な製品が出てるのもあって何か良いMIDコントローラーはないかなとあらためて探していました。それで回帰的な意味も含めて64パッドがあるじゃないと。。。数ある入力パッドの中でも鍵盤的演奏もできるPUSHがあるじゃないと。。。PUSHだとコード弾きも簡単だし、スケール管理された64パッドって変なパターンとか、普段思いつかないフレーズが出やすいんですよね。PUSH2が出たおかげでPUSHが値下がりしてますし、もう良い事しかない(笑)。つまみ類もおいおい設定して、これひとつでいろんな操作、入力が出来るようになればと思っています。

*余談ですがこのシステム、PUSH2にはまだ対応していないようです。

SOFTUBE “Heatbeat” TEST RUN

サウンド&レコーディングマガジン2015年10月号にてレビューしたSOFTUBE “Heartbeat”の音源と動画を頼まれてもいないのにアップしました。HD画質なのでフルスクリーン表示にすればツマミの動きとかも見れると思います。

SOFTUBE Heartbeat Test Run

レビュー執筆のため1時間くらい触ったところでオートメーション書きまくって作りました。その画面を録画しただけです。ザックリ過ぎてすみません。動いているつまみを丸で囲んで強調したりしてもっと親切表示にすればよかったのですがそれすら割愛してます。

内部の音源、エフェクトのみで作成し、デジタルクリップ対策でリミッティングだけしています。内蔵サチュレーターとか粘り強い感じで好印象なのが分かると思います。

ホントに興味ある方は見てみてくださいm(_ _)m

(笑)