年いちブロガー(笑) 15/15 音源系2017-2018

最後は皆さんの予想通り、音源系で締めくくりたいと思います。

人気…かどうか知らない、また音がいい…かどうかもわからないが、昨年私のプロダクションで本当に活躍してくれた音源のみ、紹介していきたいと思います。

Native Instruments MASSIVE

いまやソフト・シンセの筆頭です。同時に古いシンセでもある。プログラムだけどもう捨ててもいいくらい使い古されている音源ではありますが、昨年もまた変な音をたくさん生み出してくれたので、妄想抜きの事実上の優勝シンセでした。

私はもともとプリセットを使いたがる派ですが、これに関してはプリセットは全く使いません。いちから音作りするのに慣れました。「イメージしてる音を一番速く形にできるシンセ」っていうのがとても大事なポイントだと思う。もひとつ言えば、仕組みとか熟知してるのに、いまだに予想を超えてくること。「そうくるか!」みたいなことも多くて楽しいです。 続きを読む

年いちブロガー(笑) 14/15 未来からやってきたプラグイン20XX

昨年のMVPベンダーと言っても過言ではないiZotopeの中で、音楽業界というより映像や番組を扱うポスプロ業界でスタンダードになったRXシリーズの暗躍はとても興味深いものでした。

こんなふうに、

縦軸;周波数、横軸;時間、高さ;音量みたいな3Dグラフで画像化する技術なんだけど、これがNeutron2やOzone8の音声解析、データ参照技術に応用されているという事は昨年のロックオンのセミナーでも話した通り(アーカイブ動画はどこかに)。

それと関係あるかは分からないけれど、似た空気感を持った近未来的ドラえもん的プラグインがいくつかあります。 続きを読む

年いちブロガー(笑) 13/15 苦手なのよね2015-2017

あけましておめでとう今年もほどほどによろしくお願いします。ほどほどにね。

「子供のころから本を読むのが苦手」

理由はいろいろある。ななめ読みみたいなこと出来ないたちで一語一句追いかけちゃう。読み終わるのにめっぽう時間がかかるんです。

大人になってからは啓蒙本というのかな?「こういう感覚じゃなかったら、こういうやり方じゃないあなたは終わる」的な書き方してる本がダメになっちゃって、、、好きに生きさせろやって。変な反骨精神(笑)ほとんど広告のせいだと思うけど。

でもだからこそ出会った本は素晴らしいものが多いのかもしれないと思いながら今日のポストを書くことにします。

ザ・それでも読んだら面白かった本2015-2017

続きを読む